Japan Cloudの川上です。今回はボランティアの活動報告をさせてください。

Japan Cloud、初の試みとして、8月24日に関連会社の皆さんと共にボランティアを実施しました。前職を通じてボランティアは私のライフワークになりつつあり、細々とですが、その時々で自分が関心のある領域で活動を続けてきました。そんな経緯もあり、Japan Cloudを通じても実現できればと言うのは入社以来の思いでもありました。

今回、実施の背景には2つ理由があります。1つ目は、Japan Cloudは小さな組織ですし、関連会社も立ち上げたばかりの会社からスタートアップの規模で、個々の会社でボランティアを企画するのが難しいこと。もう一つが、ボランティアを通じて会社を超えた交流をしたいと言うご要望をいただいており、なんとか関連会社の皆さんで活動ができないかと思っていたことです。そんな中、同じ思いをお持ちだった nCinoでマーケティングを担当されている永田さん、ブラックラインで採用を担当されている宍戸さんとお話する機会があり、折角の機会、ぜひ関連会社の皆さんと一緒にボランティアを企画しましょうと意気投合、実現に至りました。


活動を企画するにあたり、できるだけ多くの方に気軽に参加できる活動を模索しました。オフィスで共同作業ができると言うことで、今回はシャンティ国際ボランティア会の絵本を送る活動にしました。初回と言うこともあり、今回はカンボジア語10冊、ラオス語10冊、合計20冊の絵本を注文し、会社を超えたチームで絵本のシール貼りを行いました。

一冊を、会社を超えたペアで仕上げました。
見たこともない!?ラオス語、カンボジア語に仕上がった絵本たち


何人集まるのか不安な部分もございましたが、当日はなんと35人の方にご参加いただきました。

ご参加いただいた皆さんとの集合写真


日本の社員の方のみならず、Expatの皆さんにもご参加いただき、会社も言語も超えた活動になりました。

Expatの方含めた共同作業


活動中は、自己紹介に始まり、各社での役割、趣味などにも話題が広がり、ボランティア終了後には連絡先を交換したり、部活動(テニス部、サイクリング部)に誘いあうなど、幅広いネットワーキングになったようです。

WalkMe&Xactlyのペア
Coupa&Xactlyのペア


今後も継続してボランティアを企画し、Japan Cloudとして様々な社会貢献ができればと思っています。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

最後に、今回ご参加いただいた企業はじめ関連会社ではメンバーを募集をしています。世界トップクラスのクラウドソリューションカンパニーでの新しいキャリアがここにあります。詳細はこちら