こんにちは。JAPAN CLOUDコンサルティングディレクター、マーケティング/GTM (Go To Market) 支援を担当している鶴原鉄兵です。
2022年5月、約2年ぶりにニューヨーク→ボストン→オースティン→サンフランシスコを巡る米国出張に行ってきました。
支援中の関連会社に加え、投資家や将来の支援先候補を巡り、さまざまなインプットをもらった出張になりました。(余談ですが、コロナもインプットされてしまい、約1週間帰国が遅れるという失態も犯してしまったのですが…)
今回の出張では、色々な「ダイバーシティ」を体感しました。整理すると、ジェネレーション、国籍、視座の3つの多様性になります。私は自己成長のカギは「環境」と「謙虚さ」の2つだ、と常日頃から考えているのですが、出張を通して、改めて Japan Cloud を取り巻く「環境」のすばらしさを感じたのです。
この所感を書き記すことで読者の皆さんに、少しでも Japan Cloudや関連各社の活動内容や、仕事を取り巻くダイバースな環境について興味をもっていただけたら、と思っています。しばし、お付き合い下さい。


若手を支えるベテラン陣 〜Brazeのケース〜

出張初日、NYに到着するや、すぐさま Braze社 の「Braze Bash 2022」という全社員対象のパーティーに参加しました。約1,300人のグローバル社員が集う、熱気あふれるイベントでした。
会場内でBraze立上げ時にお世話になったグローバルのメンバーを探しているとき、一つ気が付いたことは、CxOクラスや中間管理層に経験豊富なシニア層が多いことでした。
同社CEOのBillが会場を歩き回り、そうしたシニアメンバーに積極的に声をかけ、その周囲に人の「輪」を作っている印象を持ちました。Billはまだ非常に若く、ソリューション自体もB2Cマーケター向けなので、Brazeは「若くて勢いのある会社」というイメージを持っていたのですが、良い意味で想像を裏切られました。
その後、出張中に会った投資家の一人も、「BrazeのBillは、経験豊富な経営陣から色々なことを吸収し、凄いスピードで成長している」という話をされていたのが印象的です。
人間、歳を取るとどうしても「最近の若者は…」という見方をしがちです。逆に若い時分は年長者に反発し、アドバイスをスルーする傾向もあると思います。そういった世代間ギャップを意図的に排除し、経験豊富なメンバーから学ぼうとするBillや、それを体現したBrazeのカルチャーは素晴らしいな、と改めて感じました。

▲ NY到着直後、Braze Bash パーティー会場へ向かう船上で
▲ 急拡大中の Braze KK チームも非常にダイバース

真のインターナショナルカンパニー 〜Miraklのケース〜

ニューヨークの後、ボストンに移り、今年5月末に日本法人を立ち上げたばかりの Mirakl社 を訪問しました。
Miraklはマーケットプレイス構築ソリューションを提供するフランスの企業です。本社は仏パリなのですが、SaaSの最大市場は米国になるので、ボストンオフィスは第2の本社という位置づけです。同社のCMOやCustomer SuccessのHeadなど、経営陣の何人かもボストンオフィスに在籍しています。
私自身、現在はMirakl社の立ち上げに注力していることもあり、各部門のリーダー約10名と1日で入れ替わり立ち替わり、欧州や米国での立ち上げ時や現在の活動について、話を伺うことができたのはとても有意義でした。
その中でも、COOであるFlorianの言葉がとても印象的でした。「Miraklは米企業でも仏企業でもなく、インターナショナル企業。だから『日本はまだ数名』と思わず、700〜800名の社員が後ろで支えていることを忘れないで欲しい」というコメントです。
本社はパリ、でもCMOはボストン在住ということもあり、私自身「どっちの担当者とやり取りすれば良いの?」と聞いたのですが、その際の回答も「両方」でした。双方の良い所を吸収せよ、と。
詳細は割愛しますが、米国で行っている活動が余り腑に落ちず、JAPAN CLOUDの他の関連企業でうまくいった施策をMirakl に当てはめようとしたこともありました。しかし、活動が本格化していくにつれ、やはりそれだと上手くいかなさそう、ということが判明。米国での活動は一理あることを改めて理解する、というような場面にも直面しました。
外資系で働いていて、日本での取り組みに本社から疑問を持たれると、どうしても「日本のこと分かってないな…」とリアクションしがちです。私もいまだにそうです。
しかし、Miraklでは他国の取り組みを尊重しつつ、相互に学ぶ雰囲気やカルチャーを感じました。彼らには一日の長があり、欧米における成功・失敗例を素直に聞くことの重要性に、改めて気付かされました。

▲ All Handsの様子。この後、営業向けにObjection Handling Workshopが開催されていました
▲ Mirakl Japanの立ち上げを支援してくれているKamal氏の自宅に招かれて

圧倒的な視座の違い 〜投資家のケース

今回の出張では、Arena Holdings・Insight Partners・Vista Equity Partnersといった米国の投資会社とのミーティングにも同席させていただきました。ここまで深く投資家の話を聞く機会は、JAPAN CLOUDに入社して以来、初めてでした。
ここで感じたのは、圧倒的な視座の違いでした。私自身、マーケティング業務を担当していて「鳥の目と虫の目の往復運動が重要だ」とか自分に言い聞かせ、プランと実行を行き来しているつもりでいましたが、彼らの視座は鳥より高い、それはもうヘリコプターくらいの感覚です。
彼らとの会話には、やたらと「Scale」「Leverage」といった単語が入ってきます。また、ある投資家は「どこを買うべきか?(投資すべきか?)」と軽く発言されていて、彼らからすると企業投資は「お買い物感覚」なんだなぁ、と。
私たちが増え続ける関連企業の立ち上げに苦労している話を聞いたある投資家は、「そんなの仕組み化して対応しちゃいなよ」とさらりと話されていて、日々の対応に追われている自分の視座の低さを実感させられました。
あと正直な所、私の英語力にも多分の問題があったからだと思うのですが、投資家との会話は内容をキャッチできなかったり、理解できなかったりすることも結構ありました。それだけ見ている世界が違うのだと思います。
IT、特にSaaSの業界は狭く、皆、同じような「あるある」を共有しているので、その中で会話をするのはそこまで難しくありません。コミュニケーションコストは低いです。しかし、今回の出張を通じ、投資家のような異業種の方と会話をすることで、大きな刺激を受けたり、新たな取り組みを考えるきっかけになるんだな、ということがよく分かりました。

▲ VISTA Equity PartnersのMartin Taylor氏と
▲ 視座が上がるのは当然?凄い景色のVISTA役員オフィス

ダイバースな環境は自己成長の糧に

日本でも「ダイバーシティ」という単語は、最近よく耳にします。ただ、いまだに女性活用の話に終始しているケースが多い印象もあります。
今回の出張を通じ、ジェネレーションや国籍、視座といった「真のダイバーシティ」を体感してきました。肥沃な土地で食物がぐんぐん育つように、こうしたダイバースな環境に身を置くことで、自己成長にも繋がることも改めて認識しました。
JAPAN CLOUDやその関連会社には、ダイバースな職場環境があります。学びや刺激が多い環境です。自己成長の場をご提供できると思います。
「各関連会社はどんなことをやってるの?」「今、どんな職種の採用を行っているの?」「どんなカルチャー、職場環境なの?」など、どんなご質問でも結構です。ご興味ある方は、是非一度、私たちにご連絡下さい
関連会社のご紹介や新しいキャリアについてはこちらをご覧ください。